お知らせ

地域おこし協力隊のご案内

【地域おこし協力隊とは】

2009年に総務省によって制度化された。2014年度には全国444の自治体で1,511人の隊員が活躍している。

地方自治体が募集を行い、地域おこしや地域の暮らしなどに興味のある都市部の住民を受け入れて地域おこし協力隊員として委嘱する。隊員には地域ブランド化や地場産品の開発・販売・プロモーション、都市住民の移住・交流の支援、農林水産業への従事、住民生活の維持のための支援などの「地域協力活動」に従事してもらい、あわせてその定住・定着を図る。このような活動を通じて、地域力の維持・強化を図っていくことを目的としている。

【北杜市地域おこし協力隊】

北杜市の農業は、過疎化・高齢化の進展により条件不利地域を中心に集落活動の停滞、荒廃遊休農地の増加が見受けられるようになりました。
市では、様々な施策を展開し耕作放棄地の解消に取組でおりますが、耕作放棄地解消と併せて地域の活性化を図るためには、都市住民等の力を活用し地域の新たな担い手として育成し、将来的には定住していただく施策が必要と考えております。
そこで、定住を前提に都市住民等が農山村に一定期間移住し、地域活動に参加し地域の活性化を支援する総務省の「地域おこし協力隊」事業に取組み、市内の営農組織等を支援機関として地域おこし協力隊員を募集し、山梨県の「農業協力隊」と連携するなかで、都市住民等の定住促進を図ることにより、農業振興による集落の活性化を図って参ります。
また、担い手アクションサポート会議の中で、関係する団体(市・県・農業団体)が、地域おこし協力隊の活動に助言するなどして、隊員の活動をより効果的に支えていきます。

———————————————————————————————————————-

募集概要

<業務概要>

【共通事項】
・植物工場でのリーフレタス生産栽培業務(水耕栽培)
・農作物の加工技術研究業務
・病害虫防除研究業務
・安定収量確保のための研究業務及び収量増加のための研究業務
・宣伝、販売業務

【個人事項】
・移住、交流促進
・地域イベント参加

<募集対象>
次の要件をすべて満たす方とします
① 平成27年7月1日時点で40歳未満の方
② 埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県及び奈良県並びに札幌市、仙台市、新潟市、静岡市、浜松市、岡山市、北九州市及び福岡市の法指定地域以外に居住している方
③ 山梨県北杜市に住民票を異動して移住できる方
④ 水耕栽培や農業に意欲的に取り組むことができる方
⑤ 心身ともに健康で誠実に業務を行うことができる方
⑥ 地域イベントなどに参加し地域の活性化に貢献できる方
⑦ 期間終了後も社員として働く意欲がある方

<勤務地>
山梨県北杜市白州町

<勤務時間>
月20日(1日8時間勤務)

<雇用形態>
① 1年から3年 その後要相談

<期間>
② 地域おこし協力隊としてふさわしくないと判断した場合は、雇用期間中であってもその職を解くことができるものとします。

<給与>
月額 166,000円

<資金等>
家賃上限50,000円 通勤車輌 燃料費支給

<待遇>
・雇用関係は発生しないため社会保険には加入できません
・傷害保険に加入します

PAGE TOP