野菜ができるまで

 

 

1)円形型水槽と自動スペーシングシステム
 ⇒スペースの有効活用、野菜の植替え作業が不要

2)断熱性に優れた二重散乱光フィルム
 ⇒断熱効果による省エネ対策と野菜育成に適した
  集光環境

3)コンピューターによる自動制御換気システム
 ⇒ドーム内環境を常時自動で最適化し、エアコン
  使用量を節減

1 播種(種まき)
ウレタンシートを水で浸し、播種(種まき)をします。
2 移植(植え替え①)
緑化した苗を専用シリンダーへ移植します。
3 定植(植え替え②)
育苗シリンダーで育苗した苗を、円形水槽の内側に定植します。
4 収穫
円形水槽の外側で収穫します。
5 予冷・保管
原料を予冷庫で保管します。
6 加工・パッケージ
お客様の要望する規格に合わせて加工します。
7 出荷・配送
トラックに積み込み、保冷トラックで配送します。

 

ドームファーム北杜は、1000㎡の加工場を農場に併設しました。
最新の調理機械を導入し、365日カット野菜を出荷する農場運営体制になっています。

1 下処理:商品にならない葉などを除去します。
2 カット:スライサーに入れてカットします。
3 殺菌・洗浄:自動洗浄機にカットした野菜を入れて殺菌・洗浄します。
4 脱水:脱水機で水分を脱水します。
5 計量:自動計量機で計量します。
6 包装:自動包装機で計量します。
7 チェック:金属探知機・質量検査機でチェックします。
8 梱包:お客様の規格に合わせた梱包をします。

PAGE TOP